【FX】勝っても負けても僕のメンタルが頑丈な理由。

FXをやっていると誰もが悩まさせられるのがメンタルだと思います。

負けていると特に感情的になり、いつの間にかlot数を上げたりしていませんか?

負けているからってヤケクソにエントリーしていませんか?

勝っているからと言ってエントリーポジションでもないのに、調子に乗ってエントリーしていませんか?

自分には感情がないタダのロボットと思って、自分のルールに沿ってエントリーするのが勝つ必勝法でもあり、それが出来ていない時は負けている時なはず。

僕の基本的なFXのルール作り。これを行うだけで勝率が改善されるはず。

そんな僕が感情的にならないようにメンタルを向上させた方法を紹介しよう。

僕のメンタルが頑丈な理由。

二言で言えば……①lot数を上げる、②大敗する

「は?何言ってるの?」と思うかもしれないが、実際はこれで大きくメンタルは改善されると思う。

①lot数を上げる。メンタル改善法。

いつも低lotでエントリーしていませんか?
※逆に高いlotでエントリーしていてメンタルに効ている人は、lot数を下げるべきです。

お金も掛かっていることですし、いきなり大幅にlot数を上げたら、メンタルに負荷が掛かるでしょう。

「だがっ!!それでいいんですっ!!」

目安としては…、今のlot数の2~3倍
※ですが、自分の現在の資金問題でもありますので、これは正確には言えない数字です。

何故…?こんな事をするのか?

これを実際に1日の間だけでもいいから実践する。
※めちゃめちゃメンタルに効ます。というかビビりながら取引してる状態です笑笑 だけどこれを1日の間でもいいから実践後には…?

次の日に、普段と同じで元のlot数に戻していつも通りにやれば、負けたのに対して、「あれ?これだけしか負けてないのか…」

いつもより気軽にやれているのには間違いなし。

だが、ここで重要なのが
①lot数を上げるのに病みつきにならない事が重要です。
②lot数を上げたことによって、ビビって利確がいつもより早かったり、損切りが早めに出来なかったりには気をつけて、いつも通りの取引を心がけましょう。

※あくまで、メンタル改善方法として鍛えてるわけで、自分の所持金に合わせて、lot数は変えないことです。

これは本当にメンタルが大きく改善されたのでおすすめします。

②大敗した場合のメンタル改善法。

「……(《内心》なんでこんなに負けてるんやあ”あ”あ”、クソがっ)」

「……(《内心》もう無理…ここまで大損していたら切れないし、もう‥‥どうとでもなれ)」

—ロスカット終了のお知らせ—

なぜこれでメンタルが改善されるのか?実際に迫っていこう。

※一応言っておきますが、これはおすすめできないメンタル改善方法です。
ロスカット終了になる=FXから退場している人が大勢いるからです。

何故…?これでメンタルが改善されるのか?

理由は簡単で、ここまで大敗した方は、次は大敗には気をつけるようになり、少しの負けもビクともしないメンタルを得ることが出来る。

※一応言っておきますが、ロスカットまで来ること自体は僕の中では有り得なく、
「何故?そこまでしてポジションを保持したのか…戻るとでも思ったのか?」
「戻る根拠はあったのか?自分のルールに従ったのか?」と言いたい。
FXをやるにおいてロスカットは一番やってはいけないことなので厳重に注意してFXをやってほしい。

まとめ

①大敗のメンタル改善方法はすぐに実践出来るわけではないのでおすすめもなにも、自然と出来る現象なので、いつかかってに起こっている??

②すぐに実践できる、1日の間だけlot数を上げて取引する。
これは僕の中で超おすすめのメンタル改善方法ですので、今すぐ実践してみてはいかがでしょうか?
※ですが、勝っても負けても、全て自己責任でお願いします。

実際にリアルマネーが掛かっているわけですから、メンタルに負荷は掛かっているはずですが、負けても後悔はしない

何故?負けても後悔はしないのが重要なのか?

お金が欲しいからFXをやっているのは当たり前の事ですが、

お金ではなく、ただの数字と思って取引することが重要。

負けて後悔している人は、ただお金を目的としているからメンタルに負荷が掛かり、いつも通りに次のポジションを抱えないといけない所でポジションを持てなかったりと…、

負けても後悔をするのではなく、負けたのも投資として考える事が大事。

この負けを次にどう活かすのかで、間違いなくFXの勝率も今後左右されてくるでしょう。

FXは勝率を上げる事が出来るゲーム性のあるギャンブル。



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする