FXで向いている人、向いていない人は?どういう人? | ぼっちはぼっちなりに冒険  

FXで向いている人、向いていない人は?どういう人?

FXで向いている人、向いていない人は?

正直な話、チャレンジしてみてからじゃないと分からない

何事においても、やってみないと合う合わないかは探せない。

それも1ヶ月、2ヶ月、半年で成果を上げる人もいれば、1年、2年、3年で成果を上げる人もいる。

合うか合わないかじゃない。
分からないならやってみろって言いたい。

失敗を恐れるな。チャレンジしろ。チャレンジしないで何が得られる。失敗から得られる事は沢山ある。チャレンジしない事は自分の成長をストップさせている一番愚かな事と認識して欲しい。

だが、これは言える、こんな幅広い能力を持っていたら高い勝率を見込めるんじゃないかな?

①算数が好き。データを分析するのが好き。
過去のチャートを分析するなり、数字に強い人は持って来いだと思う。
その手法のデータは正確性があるのか?
期待値はどれくらいあるのか?
最初から答えが存在しない事を分析する人にはもってこいの投資。

②想像力。
トレンドラインの分析力。誰も考えつかないようなトレンドを見つけた時の強力的な強さ。
例えば……週の終わりの5時40分~6時の間の時間は指標でもないのに、大きく揺れているなーなど。

③視野の広さ。
チャートを幅広く分析できる能力といっていいだろう。
ちなみに僕は通貨を絞り(4種類の通貨を同時見)『1分、3分、5分、10分、30分、1時間、4時間、8時間、日、週、月』の時間を全て分析しています。※スキャルピング、デイトレ、スイングによって時間足を変えています。

④行動を予測する。(先読み)
今現在トレーダー達は取引しているわけで、「ここで買いたい」「ここで売りたい」「ここで決済」と明確に的確に判断している。
その全世界のトレーダー達の脳内を読み取り、客観的になり、未来を先を読むことが勝利への鍵となっている。
※簡単に言うと、将棋や仕事を効率的にこなせる人。

⑤負けず嫌い
「勝利を収めているトレーダーがいるのに、なんで自分は負けトレーダーなの?」と思っている人もいるだろう。
それは、タダの勉強不足。まだまだチャートを見ないとだめです。
こんな僕の記事を読んでいるかより、チャートを眺める方がめちゃめちゃ勉強になります。

そしてFXで負けたからと言って退場するのは早くないですか?
始めた頃の最初は誰でも負ける。最初負けない人は、後々全財産を失う事の方が高いので、最初負けている人の方が成長速度は速いといっていいでしょう。

⑥頭が硬い人や、完璧主義者には向いていない。

なぜ急に上がったのか?なぜ急に下がったのか?

調べても分からない事が多すぎる。

FXには絶対なんてのはない。

FXは運要素も強く、その運要素が強いFXをどれだけ勝率を上げれるかで、1%でもいいから勝率を上げる事が大事

FXで向いている人、向いていない人は?

答えになってないかもしれないが……「チャレンジしろ」としか言えない。

チャレンジして成功者は現れる。

チャレンジしないで成功者は現れるはずがない。

とにかく気になった事や、やりたいと思ったことは、全て行動に移せ。

僕からは以上だっ!

ちなみに、FXでロスカットは3回までという言葉があり、

4回以上ロスカットした人は、ただ単にセンスがないだけなので……

「お疲れ様です」みたいな感じです。



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする