ゲームが上手い人って実は頭が良いんじゃない!?ジャンルを振り分けしてみた。 | ぼっちはぼっちなりに冒険  

ゲームが上手い人って実は頭が良いんじゃない!?ジャンルを振り分けしてみた。

ゲームが上手い人はスポーツが上手かったり・頭が良い!?

ゲームが上手い人って実は頭が良いんじゃない!?

僕が思う ジャンルに振り分けしてみた。

FPS

・AIM(エイム)=正確なマウスコントロール。
・反射神経・反応速度=撃ち負けないために必要。
・音に敏感=小さな音でも拾い、相手の位置を大体把握するスキル。
・視野が広い=遠くにいる敵を見つける。

FPSが上手い人は、もしかすると『野球』が上手いかもしれませんね。
・AIM(エイム)=正確なバットコントロール。
・反射神経・反応速度=球の速度を読む。
・視野が広い=球の球種を読む。

と、こんな感じに読み取れるかも?
もしFPSが上手い人で、FPSではなく野球にはまっていた場合は、プロ野球選手になっていた可能性もありますね!

戦略的ゲーム

戦略的ゲームはジャンルもいっぱいあると思うので、【LOL】というゲームで例えます。
LOLというゲームは5vs5の対人ゲームで、連携力・チームの協力が必須なゲームです。
・効率的=ファーム(レベル上げ)の効率。
・データ型=全てのキャラクターのスキルの把握。 このキャラには、このキャラだと強いなど。
・予測・判断力の速さ=どういう風に当たれば勝てるのかどちらを選択するのか?
・MAP見(凝視)=MAPに写っていない敵でも、敵の位置を大体この辺にいるな~と把握する。

LOLが上手い人は、もしかすると『サッカー』が上手いかもしれませんね。
LOLというゲームをしている時点で、連携力が必須とされるゲームです。
サッカーでも連携力が必須ですね。
・効率的=どの位置でパスを受け取れるか。
・データ型=選手の弱点の把握。
・予測・判断力の速さ=シュート or パス の判断の速さ。
・MAP見(凝視)=敵・味方の位置を凝視。

僕は視野の広さが他の人より広いなーと思っているので、僕がサッカーが上手かったのは…?  LOLに似たようなゲームをしていたからなのかな? と実際思いました笑

バイヤー・転売

MMOでよく見るのがバイヤー・転売さん達ですね。
低い値段で購入して、高く売る事をバイヤーや転売と呼ぶ。
・相場を確認⇒今後相場が高くなりそうな物を購入して⇒高くなると売る。
こんな人たちは現実世界で、
・オークション
・投資
など色々試してみたら意外と稼げる才能があるかも!?

※投資などするに至っては自己責任でお願いします。

育成ゲーム

・効率厨=どれだけよく効率よく経験値を稼げるか。
・根気=とにかくひたすら狩り。10時間ぐらいぶっ通しで狩りができる人は根気強い。

同じ作業をひたすら繰り返す事が得意な人。
・弁当の製造。
・ひたすら同じ物を作る。
↑こういう仕事が向いてるかも?

・効率よく作業ができる人は、上に立って指示を出すのも良いかもですね!

脳死プレイ

脳死でプレイする人はダメだ。

何かを考えてプレイする人は何でも伸びる。

だが、脳死でプレイする人は、救いようはない。

まとめ

多分、僕が思うに、頭は良い!とかはないかと思いますが、

ゲームが上手い人は『スポーツ』が上手かった可能性が高いかと思いますね。

だが、ゲームが上手い人は身体ができていない人ばかりだと思うので、今からスポーツをするのは推奨できないですね。

ゲームが上手い人は、ゲームが好きだからこそ、ゲームが上手くなった人たちばかりだと思うので、「ゲームをやりまくれ!」といった感じですね笑

ゲームもeスポーツとして今後大きくなる可能性が高いので、

ゲームも侮れない時代が間違いなく来るでしょう!

『ゲームが上手い人って実は頭が良いんじゃない!?ジャンルを振り分けしてみた。』でした。



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする