ニコチン量が少ない電子タバコ『PloomTECH-プルームテック』使用レビュー。

PloomTECH-プルームテック

『PloomTECH-プルームテック』を使い始めてから、1ヶ月間使用したレビューとなります。

※『PloomTECH-プルームテック』の使用レビューです。

『PloomTECH-プルームテック』の使い方。

使い方は本当にシンプルです。

①吸う時に、(タバコ葉が詰まった)カプセルと、カートリッジを付ける。

②満足に吸い終わったら、そのままカプセルを装着したままカバー内に戻す。

③後は①~②の繰り返しで、味が薄く感じたらカプセルを付け外せばOKです。

これだけです。

本体は充電式で、USBの差込み口さえあれば、どこでも充電可能と言う便利な物となっている。

『PloomTECH-プルームテック』の値段

PloomTECH-プルームテック

・Ploom TECHバッテリー
・USB-ACアダプタ
・USB充電器(USBチャージャー)

・値段は3000円となっています。

上記のスターターキットと、タバコのカプセルがあれば、吸うことが出来ます。

タバコのカプセルとは…20本入りの紙巻タバコの替わりとなる物の、プルームテック専用のタバコとなります。

・料金は…箱に入っているカプセル5本入りで、500円ぐらいです。

カプセル1つに付き、約50回吸うことが可能。
「味が薄くなってきたな~」と感じたら、替えるとよいでしょう。

持ち運びにおすすめなのが、収納ケースです。

・収納ケースが約1000円。

収納ケースに至っては色々な種類が売っているため、じっくり見て使いやすそうな物を選ぶとおすすめですよ!

初期費用額は合計5000円ぐらいですね。

これが安いか安くないのかはわかりませんが、僕自身は身体の健康な面も考え、値段も今後それなりに安くなりそうと思ったのが、1ヶ月使ってみて分かった感想ですね。

吸い応えはあるのか?

・0.05mgのニコチンと、極小なタールが入っているのが特徴的な電子煙草プルームテック。

キツめの煙草を吸っている方には満足できないかもしれませんが、ニコチン量0.1mgの煙草を吸っている方なら満足できますね!
※あくまで僕の感想で、僕自身が0.1mgの紙巻煙草を吸っていたからです。

『PloomTECH-プルームテック』のメリット。

・値段が安い。

・アイコスとは違い、掃除をしなくても良い。
超楽です。

・ライターがいらない。
火類だと家事の危険性も高いですからね。

・タバコとは違い、家で吸っていても臭いはあんまり残らないため、天井が黄ばまないのも良いですね。
他の人が自分と近くにいる状態で吸っていても全然 気になりません。

・タバコの害が少ない。
ニコチンもタールも多少は入っています。
だからこそ、紙巻タバコから替えてみた結果満足出来てるので、それはそれで良いですね!

ニコチン&タールが入っていないタバコ↓

ニコチン&タールがない電子タバコ『DR.VAPE』使用レビュー。

『PloomTECH-プルームテック』のデメリット。

・充電がやりにくい、充電が無くなれば吸えなくなる。

このぐらいですかね?あまりデメリットは感じられません。

感想

紙巻タバコ(約6年) → アイコス(約1年) → DR.VAPE(約1年) →1年辞めた → 吸いたくなり紙巻タバコ(2ヶ月) → 評判であるPloomTECHを吸い始めた

と移り変わった僕ですが、結局の所タバコという物はお金が掛かるもんだなーと思い、今ではPloomTECHを吸い、2日にカプセルを1つで抑えてるので、月に1500円ぐらいしか掛からないのでコスパは最高ですね!

タバコを吸っている方へ。デメリットを考えたことはありますか?

↑僕がタバコを辞めた理由です。

ニコチン&タールがない電子タバコ『PloomTECH-プルームテック』使用レビュー。でした。



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする