【Rust-ラスト-】『じはんき』の使い方・入手方法。安全にスクラップを運ぶ小技のやり方。

Rust

『じはんき』の入手方法。

Rust_じはんき2

『じはんき』はクラフトのみで入手することが可能。

『ワークベンチ レベル1』の前に立ち、アイテム → じはんき → クラフト から作成が可能。

・『上金属』×20
・『ギア』×3

と少し割高な気もするが、自分がいらなくて使える代物が余っているなら『じはんき』でガンガン売りにだすべきだ。

『じはんき』の使い方。

初めは少しややこしいが、少し覚えれば簡単に扱う事ができる。

『じはんき』の設置方法。

Rust_じはんき3

建築するためのアイテム『ビルディングプラン』のドアウェイに丁度いい感じに『じはんき』がフィットしてくれるから、『じはんき』を設置するならドアウェイがおすすめ。

ドアウェイを建てよう。

Rust_じはんき1

ドアウェイに『じはんき』を設置。

向きが反対になってしまった場合は、↓↓

Rust_じはんき4

『じはんき』の横端にカーソルを合わせると、『回転する』表示がでてくるので、これで簡単に前後ろを回転することができる。
※「じはんきのストレージ」にアイテムが入っていなかった場合のみ上の画像のように回転ができるぞ。

『じはんき』に売りたい物を追加する。

Rust_じはんき5

『じはんき』の後ろ側からひらく状態で、『E』キーを長押しすると、↓↓

Rust_じはんき6

管理を開く。

Rust_じはんき8

この画面から自分が売りたい物を設定できるという事だ。

①販売:自分が売りたい物。
①支払:相手が支払う物。

②『Search…』 は、自分が売りたい物・相手が支払う物を指定する。

③個数の設定。

・これの良い所は、支払う物を指定できるという点。
一般的には『スクラップ』を支払う物として設定している人が多いが、武器や食べ物や低質燃料といった物を支払わせる事も可能な点だ。

④全ての設定を終えたら『はんばい品に追加』のボタンをクリックすると、品物の販売の設定が完了。

Rust_じはんき9

一番右側に販売品が追加されていれば完了だ。

※ちなみに、1つの『じはんき』につき、7つしか販売品を設定ができないので、もっと販売品を追加したいのならば、『じはんき』を更に追加して設置する。

Rust_じはんき10

後は『じはんき』に対して『E』キーでひらいてアイテムを『じはんきのストレージ』の中に自分が売り物(販売)として設定している物を追加すれば、販売の設定は完了という事だ!

Rust_じはんき11

ちゃんと売り出されているか確認する方法は、

①ショップの前から確認する。

②マップから確認。
※マップの表示を非表示にしたい場合は、『ひらく』ボタンをEで長押しして、『位置を非公開』にするとマップ画面からショップの位置情報を特定されなくなるぞ。

手数料とか何も掛からないので、試しに自分で購入すると良いかも。

『じはんき』の名前の変更

Rust_じはんき12

『じはんき』の後ろ側から、Eキー長押しでひらく → 管理 → はんばい品の追加画面の左下の隅っこの名前を変更するだけだ。

と、まぁ『じはんき』の使い方についてはこれぐらいだ。

『じはんき』を使って、安全に『スクラップ』を運ぶ小技。

Rust_じはんき13

まずこの方法を使うにはアウトポスト(セーフゾーン)にいることが条件で、

①自分が設置した『じはんき』に対して、『ゴミの素材アイテム(木炭)』×1を『スクラップ』×1 で販売する。
※『ゴミの素材アイテム(木炭)』を大量に『じはんき』に在庫として入れておく事。

②上の左側の画像のように、アウトポスト内にある、ショップにアクセスする。

③上の右側の画像のように、MAP画面が表示される。
④自分の家に設置してある『じはんき』に対して、『木炭』を『スクラップ』で購入する。
※1度使う度に配送料が『スクラップ』×20必要。

・配送料として『スクラップ』×20個取られるから、基本的に『スクラップ』を大量に持っている場合 + アウトポスト(セーフゾーン)にいる場合のみに使うかなーといった感じだ。

これで君も『じはんき』の取り扱いはマスターしたといっても過言ではない。

以上っ!【Rust-ラスト-】『じはんき』の使い方・入手方法。安全にスクラップを運ぶ小技のやり方ですた。



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする