僕の基本的なFXのルール作り。これを行うだけで勝率が改善されるはず。 | ぼっちはぼっちなりに冒険  

僕の基本的なFXのルール作り。これを行うだけで勝率が改善されるはず。

「FXでのルール作りって何を決めればいいんだろう?」

そんな貴方のための僕が使っている基本的なFXのルール作りについて紹介していこう。

僕の基本的なFXのルール作り

FXのルールとは基本的に守る事が重要で守れていない人も多いはずです。これで勝率が改善されたり、利幅が大きく改善される事もよくある話です。

では、実際に僕の基本的なFXのルール作りに沿って紹介していきましょう。

①今日1回目のトレードで負けたら一度落ち着いて、(30分間以上)チャートをしっかりと分析した上で、エントリーポジションが来次第もう一度ポジションを持つ。
なぜこんな事をするのか?「感情的にならないためでもあり、取り返そうと思わない様にしているためです」

FXで取り返そうとしている行為は、自分の資金を破産させようとしている行動です。取り返そう=フルレバ取引なんてのはザラではありません。
一度落ち着く事でメンタルを回復させつつ、エントリーポジションをじっくりと待ち、次の取引は質の良いエントリーを行えるのですごくおすすめです。

②根拠もないエントリーはしない。
分からない時はポジションを持たない。分かる時だけポジションを持つ。
「上がりそうやし、下がりそうでもあるなー」
「えっ…、じゃあエントリーするなよ」って話。
正確性がある勝てるポジションを保持する事。
エントリーポジションまでじっくりと、引っ張って待つ事がとても重要。

③エントリーしてから、何pipsまで来たら利確する? 何pipsマイナスになったら損切りする? ※僕の中でこれは一番重要です。

「どこまで伸びるんだろう」ではなく、ちゃんと利確ポイントと損切りポイントを見極めているからこそエントリーしているのであって、曖昧な数字で利確と損切りはしない事
損小利大に抑えることもできる。

④雇用統計の時はポジションを減らすか無くす。
とにかく運要素が絡む事は辞める事が重要。
上の①~③ルールに沿って取引をする方が勝率は限りなく高いはず。

⑤取引する時間帯を決める。
勝っているときは調子に乗って長々とやってしまって、最後には負けるパターン。
負けているときは「カーッ」と熱く感情的になり、取引時間が続く日もあるはずです。
なら…、取引する時間帯は絶対に決めよう?

⑥一気にlot数を貼るのではなく、順張りを行うこと。
これを使いこなせたら最強トレーダーになれる事は間違いない。

「えっ?これだけの事で本当に勝率は改善されるの?」

と思うかもしれませんが、これだけで僕は大きく改善されました。

もし、ルールが守れない時はどうする?

実際に今日の1日間の取引を振り返って。

何が良かったのか?何が悪かったのか?何度も良かった部分も悪かった部分も分析し、次回に活かす事がとても重要。

「とにかくルールが守れていたのか?守れていなかったのか?」

ルールが守れていない人は、毎日30分間~1時間ぐらいは振り返さないとダメです。

意識的にルールと言うものは守るというものを脳内に焼き付けてください。それも何度も何度も。

FXでルールを守るという事は非常に大事で、大幅に損小利大に影響をしてくるものだと僕は思っています。

含み損を抱えて、ヤケクソに「損切りをしない」が「俺のルールだ!!」とは言わずに、しっかりと自分のルールに沿って毎日振り返る事がFXの勝利への鍵だと思ってルールを守りましょう!!

自分の価値観は自分でしか決めれない。

どの手法や、どのルールが合っているかも自分でしか分からないんだから、自分に合った事を何か探すべく、実践して見つける事が大事。

そしてその手法やルールを沿って勝率は何%になったかも脳内に刻みつけ、淡々とこなしていく事が大事。

ルールが守れていても、負けている人は、チャートの分析不足と言っても過言ではないので、その辺はまだまだ勉強不足ということです。

何事も勉強。

チャレンジしてみた者で、勉強した者こそ、前へ行くことが出来、何もしない人こそ取り残される時代。

※人の性格によって、ルールと言うものは勝率へ結ぶべきものでもありません。
あくまでルールというものは、自分をコントロールするものであり、勝率に影響される人もいれば、勝率に全く影響されない人もいます。

僕はルールというものに勝率に影響されているだけで、全員が全員当てはまるかといえば、そうではないでしょう。

何を言いたいのかというと…、勝率に影響さえしなければルールはなくても良い。



スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする